てんかんと間違えやすい病気

てんかんについて考える男性

突然起こったけいれん、てんかんかと思いきや実は全く別の病気だったということは意外とあるんです。当サイトではてんかんと間違われやすい病気についてご紹介しております。

てんかんの予防策は?

てんかんは慢性的な脳の病気です。大脳の神経細胞は規則正しいリズムで活動していますが、激しい電気的な興奮が突然生じることで痙攣や意識障害などを引き起こします。
発作は数分で治まり、数分後には正常な状態に回復することがほとんどです。てんかんは決して死に至る病気ではありませんが、繰り返して発作が起こるので注意が必要です。
乳幼児から高齢者までの幅広い層で発病します。
特に18歳以下と65歳以上の高齢者で発病することが多いとされています。
原因は人それぞれですが、脳に何らかの障害や損傷している場合に起こるてんかんと原因不明のてんかんなどがあります。
治療法としては薬物療法が中心です。薬を服用し続けていても効果が現れない場合には外科的手術という選択肢もあります。
普段の生活の中でのてんかんの予防策は、薬を必ず服用する事、ストレスを溜めない、規則正しい生活をする事、穀類や果物、野菜、タンパク質、乳製品、脂質など栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠をとることが予防に繋がります。
特に睡眠は大切です。睡眠不足の時は発作が出やすくなりますので、最低でも7時間くらいの十分な睡眠時間を目安にしましょう。
発作を起こす前には必ず前兆があり、頭痛、吐き気、視覚症状、聴覚症状、手足のしびれ、一時的に精神が不安定になるなどがあります。発作が起こる前の前兆を覚えておけば、事前に安全な場所に移動したり周囲に伝えておくことが可能です。
前兆を感じとった時に体にギュッと力を入れる事で発作を抑えることが出来る場合もあります。
体に力を入れる事で緊張感を与え、発作を防ぐ効果があります。ですが、すべての人に有効とは限りませんので注意してください。













てんかんと運動の両立はできる?

てんかんは子供から高齢者までが幅広く発病します。
特に18歳以下に発病することが多いです。
何故てんかんが起きるのかと言うと、脳の神経細胞は規則正しいリズムで活動していますが、何らかの影響で突然激しい電気信号が神経細胞のリズムを崩すことにより、意識障害や痙攣などの症状が現れてしまいます。
症状は一時的で治まることがほとんどですが、繰り返して発作が起こるのがてんかんの特徴です。
原因は疲労やストレス、睡眠不足が挙げられます。
特に子どもであればてんかんを患っていても運動をしたり、外で思いっきり遊びたいと考えていることは多いものです。
親であれば運動をさせてあげたいと思う人も少なくはありません。
サッカー水泳、剣道など他のスポーツをする場合も、発作でなければ大丈夫です。
てんかんのある人が運動をする場合の注意点は万が一の時に備えて監視役や救助体制がある事、一緒に運動をする周囲の人に自分がてんかんであることを伝えておく事です。
日々の生活の中で発作の原因を減らす事が大切です。
規則正しい生活や栄養バランスを考えた食事をする事、薬を必ず服用する事、睡眠不足の状態は発作を起こしやすいので、十分な睡眠をとることが大切です。寝不足の場合はで参加しないようにしましょう。
指導者や周囲の人にてんかんの発作を起こした場合の対処方法などを伝えておくことも大切です。
運動中に発作が起きた場合に周囲の人は驚いたり、不安になったりするものですが、発作は1分から2分くらいで治まりますので冷静に発作が治まるのを待つようにする事、周囲に危ない物があれば遠くに離す事、服を緩めたりする事、気道を確保することが大切という事、意識が回復したとしても運動は控えさせる事などを伝えておきましょう。
てんかんであっても上手にコントロールすれば運動との両立は可能ですので、周囲の理解を深めることが大切です。


てんかんと食べ物の関係

てんかんの人は薬を飲んでいますが、いくつかの食べ物を食べると効果が出にくくなって発作などの症状が出てしまいます。例えばピーマンやレモン、じゃがいものようなビタミンCを多く含んだ食べ物です。ビタミンCは人間が健康に生きるのに必要でも、薬によっては相性が悪いので避けます。グレープフルーツを食べると副作用が出ることがあります。またビタミンDも摂取しません。薬とビタミンDを一緒に摂取するとカルシウムやリンを体が吸収できなくなって、骨がもろくなります。子供でてんかんを持っていると、骨が成長しないなどの問題が生じます。ビタミンDを多く含むのは干し椎茸やうなぎ、さんまなどです。ブロッコリーやレバー、ほうれん草など葉酸を含む食べ物は、痙攣のリスクを高めます。葉酸には血液を作る働きがあるので、貧血気味の人は医師に相談して薬を調整します。ビタミンB6も痙攣を引き起こす可能性があるため、マグロやカツオ、バナナなどは控えます。ビタミンB6が不足したことで皮膚炎や口内炎が悪化した時は医師に相談します。反対に成人のてんかんは、脂肪の多い食べ物を食べることで発作を減らすことが期待されます。今までは子供のてんかんは小麦やお米などの炭水化物や砂糖をできるだけ摂取しないなどの食事療法で改善できることが分かっていましたが、成人は明らかにされていませんでした。アメリカの研究グループが成人を対象に実験を行ったところ、脂肪の多い食事をすると成人でも症状を軽くすることができました。よって肉や乳製品は多めに食べることで、発作への不安やストレスを解消することができます。また青魚は脳の働きを良くするので特に積極的に食べると良いです。